平家の需要と不動産売却の方法についてご紹介

2022-02-08

平家の需要と不動産売却の方法についてご紹介

最近では2階建ての戸建住宅が主流になりましたが、高齢者の住まいや家族構成が少ない場合には1階建ての住宅が選ばれることがあります。
一般的に平屋と呼ばれる1階建ての住宅ですが、不動産登記で平家と記されることから後者が正式な表記になります。
今回は、平家建ての不動産売却を検討中の方へ向けて売却方法などをご紹介するのでぜひチェックしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却をするにあたり平家の需要とは?

平家建てと2階建ての最大の違いは階段があるかないかです。
高齢者や足が不自由な方は階段の上り下りで転倒の恐れが生じます。
一方で、平家建ては2階が存在しないので階段を一切使用する必要がなく、バリアフリーという意味での需要もあります。
実際に老後を見据えてこの住宅を選ぶ方も少なくはありません。
また、ワンフロアで生活ができるので掃除が楽だという意見も多くあります。
重い掃除機を持って2階まで上がるのは大変なことで、階段の掃除も併せて必要になるからです。
庭がない2階建て住宅を選ぶなら庭付きの平家に住みたいという方もいます。
特に小さな子どもがいる家庭では、安全に遊べるスペースを確保するためにこの希望を優先することがあります。
夫婦だけの住まい探しにも、家庭菜園などが楽しめる庭付きの平家建てが好まれます。
以上を踏まえても、この不動産は一定数の方に需要があると言うことができます。

平家を不動産売却する方法とは?

ある一定数に需要がある不動産でも、大多数が違う物件を好んでいれば売却をするのは簡単なことではありません。
平家建ては2階建てと比較して居住スペースが狭いため、家族構成を選ぶので売却がしにくいと言われています。
築年数が古ければ選ばれる可能性も当然低くなるので、解体をして土地を売る方法があることも視野に入れると良いでしょう。
解体費用はかかりますが、売れない物件を所有しているだけでも税金や管理費用がかかるので、土地のみで売り出すことで買手を早く見つけたほうが経済的負担からも解放されます。
また、リフォームをする方法で売却がしやすくなることもあります。
今までの管理状態が良かった物件や比較的築年数の新しいものに関しては、リフォームをすれば早めに売れることもあります。
古民家テイストを残しつつお洒落にリフォームができれば、多くの目に留まる可能性が高くなります。
古民家の人気が一昔前よりも高まっていることから、あえてこの不動産を選ぶ方がいるからです。

まとめ

平家建ては、一般的に不動産売却が難しいと言われています。
その一方で、老後の住みやすさを考えたり家族構成が少なくコンパクトな住宅のほうが良いという場合に選ばれる傾向があります。
このような理由から、築年数の古いものに関しては解体をおすすめしますが、リフォームをすれば十分に買手が見つかる可能性もあるので売却を諦める必要はありません。
伊那市・駒ヶ根市の不動産売却・中古住宅なら有限会社井口不動産お任せください!
売却を検討されている方は、売却査定も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0265-76-6155

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週水曜日・年末年始・夏季休暇・GW

売却査定

お問い合わせ